病気」タグアーカイブ

病気について考える・語る

●●●生老病死(しょうろうびょうし)を想い いのち活かす、元気の出る呼吸法ワークショップ●●●

本音が言えない秘めた思いを語り合い、
自己治癒力を高める呼吸法を実践する広場です。

歌を歌うことは、生と死の連続。
歌い始めが 自分が生まれることで、
最後の一音(最期のその時)まで希望の光を見失わず
明るく元気に生き、
「自分の意思」で音を消し終わらせる。
歌好きの母が見事にその手本を見せ、
生き(息)きりました。
本人の希望もあって自宅療養で日常生活を送り、
私が提案している「自己治癒力を高める呼吸法と発声」を
積極的に実践し元気に過ごしてくれました。
しかし、他界してから、
どこまで本音を家族に言えていたのかと
今更ながら思っています。
患者も家族も自分一人で悩まず、
皆さんで語り合いませんか。
何かヒントが見つかるかもしれません。

【ナビゲーター】:松木貴子マリア
声楽家でありヴォイスヒーラー。
卵巣がんの実母を自宅で感謝を持って精一杯関わり、
昨夏 看取った経験を持つ。

【日時】2/15土曜日 10:30〜12:30
【申込】https://coubic.com/uminoie/733407

【対象者】患者とその家族、元気になりたい人、生き方・死に方を考えたい人、どなたでも。

必要な方に届きますように!!
ご参加をお待ちしております。

がんばるんばの会
<がん闘病中の本人と支える家族・友の語り場>
世話人 いだまさみ

 

こどもホスピスってなんだろう??

 2/15「いのちの歌」~横浜こどもホスピスプロジェクト& 小児がんの子どもと家族を支えよう  チャリティーコンサート
2/15「いのちの歌」~横浜こどもホスピスプロジェクト&
小児がんの子どもと家族を支えようチャリティーコンサート
@Umiのいえ

??こどもホスピスってなんだろう??
子どもホスピスは、「小児緩和ケア」を提供する場所で、成長・発達をささえる場所です。
子どもが病気や入院によって遊びややりたいことを制限されること、学校や友達と離れて淋しい思いをすることも、大きな痛みとなります。
子どもホスピスは、これらのあらゆる苦痛を和らげることを目的としています。

大人向けのホスピスは最近は増えてきていますが、小児専門のホスピスは日本では大阪にしかありません。
その小児専門のホスピスを横浜につくろう!いうプロジェクトが
横浜こどもホスピスプロジェクトです!!

わたし自身、ムスコの終末期を経験しました。
病院のご好意でムスコのベットのとなりにベットを置いてもらい、約1か月くらい病院で寝泊まりしていました。
治療で改善して、退院、外泊していく子どもたちがほとんどの中、回復が見込まれないのは我が子だけ・・・それを思ったら泣けてきて、看護師さんに話を聞いてもらったりしていましたね~~
もし当時にこどもホスピスがあったら、どうだったんだろう??と想像してしまいます。

こどもの入院は入院している患児だけではなく、両親、きょうだい、祖父母、そしてお友達も巻き込みます。(もちろん大人も同じではありますが)
そして病院のほとんどは乳幼児、学童の面会は禁止。
大好きなきょうだいにずっと会えずに最期の姿と対面する。。ということが多いのです。
どんな子どもも、最期まで子どもらしく、そして家族といっしょに過ごせることができたら。。。
患児本人のこどもも、家族も笑顔が増えると思います。

いろんな子どもたち、家族ががいます。
今も「おうちに帰りたい。。。」と思いながら入院しているこどもたち、そして付き添っている家族がいて、家で待っているきょうだい、家族がいる。。。
そのことを知っていただけたらと思います。

2/15のチャリティーコンサートは
横浜こどもホスピスプロジェクトを知ってもらうのと同時に、ホスピス設立のお手伝いをしよう!!という目的があります。
みなさまのお気持ちが必要です!!

2/15「いのちの歌」~横浜こどもホスピスプロジェクト&
小児がんの子どもと家族を支えよう
チャリティーコンサート@Umiのいえ

↓↓お申込みはこちら↓↓
http://coubic.com/uminoie/208530

とはいえ、難しいことは考えずに、美しい音楽、音色を聴いて、そしてみんなで歌って気持ちを晴れやかにしていただけたらと思います。
みなさんと2/15にお会いできるのを心よりお待ちしております。
いだまさみ