イベント」タグアーカイブ

Umiのいえでのスペシャルイベント。「しあわせのはじまり」他、ライブイベントなど。

[助産師は女性に寄り添いDoctorとの信頼をつなぐGreat Communicator] Umiのいえ 助産塾オンライン講座


9/18「EBM、ガイドライン、人権、そして助産師の役割とは?」
沖縄や広島、茨城、、全国から20数名の助産師、医師があつまり、信友先生のお話に耳を傾けました

信友先生からはたくさんの問いが投げられます
ノーベル医学生理学賞はノーベル医学賞とはいわない
これはなぜ?
病理と生理の違いは?
妊娠・出産とは病理なのか?生理なのか?
エンドユーザー(妊婦さん)が一番聞きたい言葉はなに?
ガイドラインは誰のために
そして何のために存在している?
物理的な距離を超えて
医師、助産師、母という垣根も越えて
先生からの問いに自分の生き方や感覚をぶつける秋の時間
信友先生からの問いでとてもおもしろかったのが
『”うまがあう”を英語にするとなにに相当するかわかりますか?』
先生がなんとおっしゃったかは、ご感想のあとで



参加者さんからのご感想です

信友先生の、抜本的に根っこからお産の環境を変えないと、
お産を助産師もどさないと、もうだめなんだよ っていう闘志
この熱い想いをしっかりと受け取りたいと思いました。
助産師の感性人間を育てる
ガイドラインの多面性を知りえました
生き生きと生きる妊婦さんはガイドラインの基準をポンっと超えたところにある願いを持っていたりします。そして、よくよく見ていたら「その人にとっては」ガイドラインはいのちを守るものよりも、いのちを制限するものだったりします。
開業助産師として、対話を重ね
責任をシェアして、
あなたの生まれるを一緒に乗り越えることは どいういことか
体験を重ねてみようと思います

助産師として、いつもお願いする立場で、もし自分が医者の免許を持っていたら、文句なく受けてやるのに…こんな感情をいつも抱いていました。
でも今日の講座を聞いて、産科医師との付き合い方、異常事態の時の以来の仕方が明確になったように思います。妊婦さんの気持ちに寄り添っている助産師として、もっと責任をもって医師との間に立たなければ…理解していたようで理解できていなかったと、医師の側の立場もよくわかりました。
また、今まであまりにも声を上げてこなかったことが、今、結果女性たちの人権を脅かしているのだと責任も感じます。
守るべき人権 主張すべき時は声を上げなければ守れないと思いました。
有益な時間をありがとうございました。

ガイドラインによってケア指針を決められることを患者は望んでいない、というところが特に心に残りました。
私はWHOの正常出産のガイドラインの日本語訳に関わったり、日本助産学会のガイドライン委員会に最近入れていただきました。ガイドラインはスコープが重要で、妊産婦さんや赤ちゃんにどうなってほしいかということをきちんと考えた上で一貫性を持たせたり、できるだけバイアスを予防したエビデンスの選択・評価や活用がきちんとできれば、きっと良いガイドラインができるのではと思っていました。
でも、実際の現場ではガイドラインが妊産婦や現場の個性を無視したマニュアルのように使われてしまい医療者に無力感を抱かせたり、訴訟対策にも使われて医療者と妊産婦さんの間の壁を強化したり、医療者が自分で考えることを止めたり、ガイドラインに気を取られて目の前の妊産婦さんが見えなくなったりして、良いケアにつながらないというリスクの可能性を、特に日本ではその傾向が強そうだということを考えると、ガイドラインなんてない方がいいのかと思ったりしてしまいます。
ガイドラインがどのように使われるかを共有・評価するところまで行わなければ、普及すれば良いというものではないと考えさせられました。現場の医療者も消費者も一緒にガイドラインを作って利用するということが海外では重視されていますが、それは人権の問題など今日本でも直面している壁を海外でも経験したからこそなのだと思いました。
あとは、病院で働いていた頃に、Umiのいえに行くと毎回、産婦さんを守れなかったと泣いてたこととか思い出しました。こんな勉強会を開いてくださって、斎藤さんのご活動には昔も今もずっと尊敬と感謝の念しかありません。今日も貴重な出会いの機会をどうもありがとうございました。



まだまだご感想をいただいています。随時アップしていきます
さて
『”うまがあう”を英語にするとなにに相当するかわかりますか?』
こちらに対する、信友先生の言葉は
『ケミストリーだよ、化学変化』
そう、人はみんな異なる、だからわかりあおうとする、理解しようとする、そのプロセスから新しい関係性がうまれていくのだと思います 
(助産塾スタッフ 鈴木美香)



Umiのいえ助産塾では、”お産に希望を”を北極星にUmiならではの講座を展開していきます
9/24 助産塾 三宅はつえさん流「わたし流 中期中絶のケア 」 講座
https://shop.uminoie.org/items/31197964
10/15・18 小森香織さん流「お父さん向け産前教育の実践」@助産塾特別講座
https://shop.uminoie.org/items/32842604
10/21・31「女性たちはこうして産んできた日本と世界の今と昔〜 産婆・助産師をめぐる歴史」
https://shop.uminoie.org/items/32842927
10/1・11/1「助産師の出張開業、キホンのキ~手続きと法・歴史・職能団体についてのお話」@Umiのいえ助産塾
https://shop.uminoie.org/items/33094639
10/31スタート
「助産に活かすアーユルヴェーダ講座」人の体質・気質の違いを知ってケアのてがかりに
https://shop.uminoie.org/items/33847726
助産塾 入門講座・本講座のシリーズ2も10月末にスタートします

9/4は大人の感性磨き。じっくり味わう大人のためのアート時間 オンラインワークショップ!

表現豊かなこどもになってほしいなあとか、
アートのセンスももってほしいなあとか、
人の気持ちがわかる人になってほしいなあとか、
親は子どもにいろいろ期待をかける。
ではまずは、大人の自分から。
表現は自由なんだ。
自分がどう感じようと、人がどう感じようと、正解はなし。
だとしたら、お互いの表現に耳を傾けてみよう。
語ったり聴いたりするのは「発見の泉」です。
なにをやるのかなあ・・・と、よくわかんないなあ・・・と思ったら、エントリーしてみて! 
お待ちしてます。残席3! 
https://shop.uminoie.org/items/32167240

9/4は”じっくり味わう大人のためのアート時間” オンラインワークショップです。

残暑が厳しくてまったく信じられませんが。。。
来週からなんと9月です!!
暦の上ではもう「秋」なんです!!
「秋」といえは
芸術の秋。
オンラインで新しいアートと出会ってみませんか??
わたしもこのワークショップでこのピータードイグと出会いました。
来週の9/4はどんなアートと出会えるかしら??
楽しみにしています。
ファシリテーターの神田(塚田)裕美さん
どうぞよろしくお願いいたします。
【講座名】大人の感性磨き。じっくり味わう大人のためのアート時間 オンラインワークショップ
【日時】9月4日 10:30~12:00
https://shop.uminoie.org/items/32167240
お申込みは上記サイトよりお願いいたします。
Umiのいえ文化部部長
いだまさみ

9/6はWSHD世界性の健康デー記念イベント2020!!

「コロナ時代のパートナーシップ~情報と自分と人と上手につながろう~」 @World Sexual Health Day
*************
ディープキスで感染?
ソーシャルディスタンス、3密を避けるだけでいいのか?
「夜の街応援プロジェクト」など、独特のセオリーでコロナ時代を行く公衆衛生学のプロ、岩室先生のご登場です。
COVID-19の感染の有無を示唆するPCR検査は
私たちの安心につながるのか、それとも不安を増すだけなのか。
「何となくコンドーム」と「なんとなくマスク」は似ている?
個人的にはコンドームもマスクも苦手とおっしゃる早乙女先生と岩室先生、二人の温度差は減ったのか増したのか?
情報とは、公衆衛生学的正義と個人の行動の自由のせめぎあい。
そんな時代の性と生はこれからどうなる? 
親密さと不特定多数の境目はどこか、COVID-19 時代の性を、改めて語っていただきます。
************
9月4日は世界性の健康デー。
記念イベントは2010年から11年目になりました。
世界各地で関連イベントが開催されています。
「Umi のいえ」でも今年のテーマ「COVID-19 時代のSexual Pleasure」として連続講座を開催します。個人の時代の性の快楽って何だろうか、ということを語る、考える、実行するきっかけにして頂きたいと思います。
■■■◇◇◇■■■◇◇◇■■■◇◇◇■■■
申し込み
9/4.5.6
早乙女智子&Umiのいえがお届けする
コロナ時代の性を本音で語るオンライントークリレー
●9/4「自分の性を生きる。カミングアウトと家族」
https://shop.uminoie.org/items/32635533
●9/5「コロナ時代の恋愛とエロ〜避妊、中絶、不妊、出産〜」
https://shop.uminoie.org/items/32635964
●9/6「コロナ時代のパートナーシップ~情報と自分と人と上手につながろう~」
https://shop.uminoie.org/items/32354837 
●学生さんは学割あり申し込みはこちら
https://shop.uminoie.org/items/32522893

全国の皆様へ向けて Umiのいえを出発致しました!

準備完了です!
Umiのいえつうしん10号。
4/23本日、全国の皆様へ向けて
Umiのいえを出発致しました!
到着お待ちください❤️
皆様の心に灯る火に、枷を外し伸びやかに生きる芽に、
内側を揺さぶる糧になりますように。
感想ぜひお聞かせくださいませ。

【UmiのいえチャリティーTシャツ&チャリティーグッズの販売のお知らせ】


このたび、京都のJAMMINさんという会社からお声をかけていただき、一週間限定でJAMMINさんデザインのTシャツやスウェット、バッグなどの販売をいたします。
JAMMINさんは、毎週様々な団体とコラボしてグッズを販売し、その団体の活動を紹介し、どんな問題があるのか、どんな思いで社会に立ち向かっているのかを伝えている素敵な会社です。
今回、Umiのいえの活動を取材していただき、デザインとメッセージを考えていただきました。Umiのいえの真髄ともいえるデザインが出来上がって来た時は、正直ビックリし感激いたしました。いくつかのデザインを提案していただき、最終的にスタッフで今回のデザインを選びました。
⭐️⭐️⭐️
“It is the mothers, not the warriors, who create a people and guide their destiny”
「人を創り命を導くのは、戦士でなく母である」
⭐️⭐️⭐️
母なる大地、母なる海、母なる地球
自然からの恩恵を大切に、自然と共に生きる
これからも、自然と共に生きる智慧を伝えていきたいと思います。
(齋藤美保)


購入ページは4/27に公開です。
5/3までの1週間限定で販売します。
色・形・サイズいろいろあります。
キッズもあるのでペアもできます。
素材にもこだわって作られているので、着心地も抜群です!
販売方法はJAMMINさんのサイトへ。
https://jammin.co.jp
(現在はNPO法人日本トゥレット協会とコラボしています)

Umiのいえオンライン講座スケジュール日々更新中

4月28日&5月13日 家族とのつきあい方研究会@ZOOM、やりますよ!
Umiのいえで行われていた「家族会議をはじめてみよう」のオンラインバージョン。オンラインで長時間はつらいので、ぎゅぎゅっと濃縮版でお届けします。
在宅勤務や休園休校で家族がずーっと家にいる。
それが心地いい人もいれば、しんどくなる人もいる。
しんどくなくなる工夫、みんなどうしてるのかな?をシェアしあう会です。
お申込みはシェアした記事内で。(スタッフまりこ)


🍀Umiのいえオンライン講座スケジュール日々更新中🍀🍀
🔆相談ごとはお気軽に✉️umi@uminoie.orgまで。
オンライン講座:https://shop.uminoie.org/categories/2254559
🔷4/24.4/30はなはなサロン&小学生母のもんだい集コラボ オンラインお茶会
🔷4/25 「帝王切開でお産した私の身体と心とこれから」お話会🤰
🔷4/27 棒田明子さんの子育て講座「感受性&身体育て~小さい時にしておきたいこと」👦👧
🔷5/5(火) 助産師やまがたてるえさんの「女の子カラダこころ講座」
🔷4/23(木)「秦さんの台所でおしゃべり」〜たけのこ料理〜🍽
🔷4/23 (木)「がんばるばの会〜ガンでがんばっている方のお話会〜
🔷4/30(木)かめおかゆみこさんの聴くを磨くフォローアップの会
🔷5/2(土)「秦さんの台所でおしゃべり」〜キャベツ料理編〜🥬
🔷5/1 6/5 6/19 産婦人科医丹家先生の「女のカラダきほんのキ~婦人科に行く前に知ってほしいこと」👩🏥
🔷5/10「住まいの環境改善ワークショップ~風水観点からみる自分でできる模様替え~」
🔷4/28,5/5,5/6 支援者向けふんわりすくすく赤ちゃん講座🤱
🔷4/24、4/26 うた部ZOOMクラス(歌って動いてリフレッシュ!)
🔷4/28、5/13 家族との付き合い方研究会
🔷4/29、5/12 ちいさないのちをまもる 家族の防災ZOOM講座
🔷5/1  ガンダーリ松本先生「ことだま講座」
🔷5/7  ガンダーリ松本先生「苦を楽にするお話会」💭
🔷さとう亜衣の子育てお茶会「日々ハチャメチャ!きょうだい育ての天国と地獄☆」👦👧👦
🔷マタニティのお話会 お産を迎える気持ちを助産師さんとひもとく時間
🔷「いのちに関わる専門職がつながる集い」
🔷「秦さんと台所でおしゃべり」〜ぬか床作ろう〜🥒
🔷マタニティクラス「産後の暮らし徹底予習編」 個別セッション🤰
🔷おっぱい教室~日々の授乳から断乳・卒乳・働きながらの母乳育児まで~

大切にしたいこと

「いのちは海からやってきた」
海は雄大で、なみなみと豊かに注ぎ、
深くて、すべてを受け入れる。
そこで生物が豊かに泳ぎ、くつろぎ、生まれ、
いのちが循環しています。
胎児は子宮という海に守られ育ちます。


海の波のリズムと
体内を流れる脊髄液が循環するリズムは
シンクロしています。
私たちの身体の60%は水でできています。
赤ちゃんは70~80%ぐらい。
生きるとは、水そのもの。
体内を循環する水は
地球を循環する水そのもの。


家から出る排水も、海に繋がっています。
「海を汚さない暮らし方」は、
自分と人を大切にすること。
子どもたちの子どもたちの子どもたちへ、
きれいな海を、贈るということ。
その海に恵みを与えるのは、山です。
山の恵みが川に流れ海へ注ぎます。
山を支える根っこは人には見えません。


外見の美しさではなく
苦労を糧にしてしっかり根をはり立てること。
それが真の美しさです。
自分のいのちに誇りを持ち、
邪魔されずに、本質をみて、
自分がどうしたいのか自分で選択し、
持てる力を使えますように。


「根をもつことに戻る」 
それは、わたしの中の戦いを終わりにして、
いのちを育むということ。


“It is the mothers, not the warriors, who create a people and guide their destiny”
「人を創り命を導くのは、戦士でなく母である」


この思いを伝え、多くの方々とつながり、
生きていることを喜び合いたい。 


★★UmiのいえTシャツ作りました★★
深く根を張り、
過去の英知を吸いあげて
しっかりと立つ人でありたい。
山を守り、海を守り、
月の満ち欠けに身をゆだね
いのちをつなげたい。
そんな祈りをTシャツに込めました。
皆さんに着ていただけたら嬉しいです。


購入ページは4/27に公開されます。
5/3までの1週間限定で販売します。
色・形・サイズいろいろあります。


制作:JAMMINさんのホームページより
https://jammin.co.jp

【つうしん10号 春号】お届けする日のカウントダウンがはじまりました!


どうぞお楽しみに❤️
【つうしん10号 春号】
うごめきと新たな門出。
身心の芽吹きは広がりと高みを目指す。
未知の世界へと、恐れを抱きながらも進み、花開く春。
記念すべきUmiのいえつうしんvol.10は、
心のままに
愛をもって
進むことを自分に許す
そんな一冊に仕上がりました。
もうすぐ発刊。
どうぞ出逢ってください。
【10号巻頭特集】『ひらく・伸びる・好きになる』
「伸びる」とは、
安心していて、
自由であり、
支えがあるということ。
「好きになる」とは、
ときめくこと。
近づきたい、
深めたい、
ずっと見ていたいということ。
「開く」とは
窓をあけること。
岩が動くこと。
両手を広げるということ。

 

スタッフまいこ

3/13(金)10:30~12:30は、 発達凸凹子育てを考える会「村田のりみちさんの椅子に座っていられなかった僕のお話」が開催されます。

発達凸凹さんや、どっちかあやふやななんとも言えないさん。
個性と同じほどまちまちで、けれどなんとなくみんなと違うような。

普通、も同じ、もよくわからない定義だけれど、困り事も大小あって。

とにかく、どう大人になるの!?
何に困っているの?
どうしてもらいたかった?
どうすると、よかった?

そんなお話を、机の上に立ってたよ、なんてのりみちさんから聴いてみたいと思います。

聴いてみたいこと、話したいこと、どうぞどうぞ。
お申し込みはこちらから!

https://coubic.com/uminoie/727501

午後は13:30~
大人気なのりみちさんのスピリチュアルアートセッションをご用意させて頂きました。
言われて気がつくこと、目で見て改めて染み入ること、何度も言われて思い出すこと。
知らなかったことや、初めて聞いたけれど納得のできること。

メッセージには色んな形と側面がありますね。
胸の奥に灯る命の想いを形にして、飾り、日々目にいれるする力強さもあります。

自分を知るひとつとして、どうぞご活用くださいませ。

https://coubic.com/saito-seikotsuin/830178

★午後はお手当て体験会も同時開催!
15分~.1500円~
和のお手当て(頭蓋仙骨療法)ってどんなもの?を体験して頂けます。

我が家の発達凸凹長男は、何かあると「ねぇお母さんお手当てして」と言ってきます。
手でできること。
手で伝えられること。

どうぞ癒しの一日を!

スタッフ水嶋舞子