着物」タグアーカイブ

着物文化に触れる・着付けを学ぶ

Umiのいえ”きもの部”

梅雨明けした関東です!
青空がうれしい😆です!!
梅雨明け前の7/27月曜に「着物部」開催いたしました!!
いったい何ヶ月ぶりの開催だったんでしょう??というくらいの久しぶりの開催でした。
今回はお一人様のご参加で、ご自身でお持ちの絞りのステキな浴衣でお稽古いたしました。
浴衣だと、半幅帯を合わせるのが多いのですが、そこはかわい屋さんオリジナルの「さがの帯」を使ってお太鼓結びでオトナっぽくコーディネート!
とーってもステキでした!!
やっぱり夏は浴衣でキリッと!!いいですねぇー!!
夏のイベントは中止や自粛が多いですが、おウチの中で、ちょっとしたお散歩に、気分転換に、浴衣を着て2020年の夏を楽しんでいただけたらと思います!
わたしも存分に浴衣、楽しみまーす!!
着物部は8月はおやすみ。
次回は9月になります。
ご都合良ければどうぞご参加くださいませ。
着物部部長
いだまさみ

現在、東京上野のトーハクにて開催中の「きもの展」


もう!最高でした。
数年前ならまったく興味も持たなかったと思うのですが。。
その扉を開けて下さったのが
Umiのいえの着物部、そして講師の
きものかわい屋
川合さんです。
こんなご時世ですが、みなさんも「きもの」の扉あけてみませんか??
Umiのいえ着物部
7/27(月)10時半から
です!
夏ですので、浴衣の着付けのお稽古をいたします。
ご希望の方には、かわい屋さんから浴衣のレンタルも可能です!!
お申し込みは下記サイトからおねがいいたします!
⬇️⬇️
https://coubic.com/uminoie/234355
みなさんとご一緒できるのを楽しみにしております。
着物部部長 いだまさみ

2/4火曜立春 着物部、開催いたしました!

今回も川合さん、お孫さんの芹田さんに丁寧にご指導していただき、着物のお花が美しく咲きましたよー!!
今回の川合さんのお言葉
「着物1枚に帯3本」
そうすると、着物が1枚でもTPOや気分に応じて変化がついて、着こなしの幅が広がるとのことです。
ふむふむ、なるほど!!いい事聞きました!!

次回の着物部は
3/17火曜に開催です!
また3/28土曜には春のお抹茶の会にて着物着付け体験会も開催します!お着物を着て美味しいお抹茶(薄茶)とお菓子を召し上がれますよー!
着物部と合わせてご参加いただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします🥺

着物部
https://coubic.com/uminoie/234355

春のお抹茶の会〜さくら祭@Umiのいえ
https://coubic.com/uminoie/920337

Umiのいえ文化部長いだまさみ

10/5(金)着物部開催しました

10/5(金)着物部開催しました。

七五三・卒業式に着物が

着たいというお二人。

節目の日に自分で着物を着る。
特別な1日になりますね。

目的があると身に付くのも

早いように感じます。

七五三や卒園・卒業式、入園・入学式。

着物でお子さんのハレの日をお祝いしませんか?

お手持ちの着物や帯をどんなシーンで使えば良いか、

どんな小物を合わせれば良いか、先生に相談出来ます。

ご自身で着られると無理がなく自然な仕上がりになります。
川合さん考案のさがの帯。初心者でも袋帯が結べます。

スタッフS

8/26(日)夏のお抹茶の会〜茶道体験会〜

8/26はUmiのいえ茶道体験会 新涼茶会でした。

Umiのいえの和室が茶室に。

涼やかなお道具や掛け軸、

鮮やかな夏もみじ。

藍染した布をかけると、まるで川底にいるような

水面の光にゆれるような茶室でした。

冷たいお水でたてたお茶は、

夏バテもすっきりとするような、元気をいただける味わい。

村田のりみちさん作の「銀河鉄道」を描いたお茶椀。

澤村美保さん作の菓子は、甘味すっきり梨寒天。

亭主は乙亥会 川原宗敦さん

子育て中の川原さんならではの、

愛と労いに満ちたお茶席でした。

小さな子どもは、意味が分からないからこその、よき体験のひとときです。なんだかわからないけど正座をする。

わからないけど、大人もおしゃべりしないで静か。

そして、お菓子やお茶を運んでくる人に、深々とおじぎをする。丁寧に器をもち、愛でる。

なんとなく、なんとなく、その静寂な一瞬を、小さな子どもも感じているのです。

それがとっても可愛らしいのです。

今回の茶席は、宮沢賢治作『やまなし』の世界をモチーフに。

~~小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈げんとうです。

~~二ひきの蟹の子供らが青じろい水の底で話していました。

『クラムボンはわらったよ。』

『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』~~ 

カワセミの鋭さ、いのちの厳しさとはかなさ、

山からの恵み、梨のまるみと甘い香り、熟すのを待つ時間、

親子の会話、兄弟の競い合い 

そして、クラムポンという意味のわからないけど

なんとなくそこにある心地よい響き

そんな、「やまなし」の世界。

もう一度読みたくなったら。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/46605_31178.html

夏の影、ひとときの過行く物語 

今日の暑い日差しの中、汗をかきながら親子でUmiのいえにきてくださった。

ほんの一瞬のお茶席でしたが、親子でなにを思ったかしら。

ドイツ、アメリカ人の方もご参加くださいました。

よき思い出となったら嬉しいです。 

ご参加ありがとうございました。 

次回第10回目は、年内か、新年か。お楽しみに!