ブログ」カテゴリーアーカイブ

6/28 三宅はつえ先生「オトナ女子のためのデリケートゾーンケア講座」

デリケートゾーン、下着に隠されている場所は、

「心と身体と未来につながる大事な場所」と三宅先生は仰います。

女性のとっても大事な場所。それは頭ではわかっている。

なのに、なんとなく「恥ずかしい」と思っていたかも。。。。

三宅先生の講座は、

デリケートゾーンがどう呼ばれてきたか、という文化人類学的な視点から始まり、

解剖学的に、そして最新の「女性医学」という視点で

女性のライフサイクルとデリケートゾーンのケアの必要性をお話ししてくださいました。

 

瞼より薄い皮膚で、とても繊細で、

自分の顔と同じくらい、丁寧にケアしてもおかしくない場所なんだなあ~。

デリケートゾーンを正しくケアするだけで、

ホルモンバランスや体温が整うこともある!

5年後の自分のためにも、大事に大事にしてあげたい。

 

講座では、いろんな資料、ぜーんぶ、手に取ってみることができます。

これは、秋葉原のお店で先生が厳選して購入したもの!(写真は載せられません)

そしてこれは、海外の芸術作品として展示された作品集!(これも写真は載せられません)

なるほど。。。。いろんな形がある~。

今はこんな便利な製品があるのか~~~~。

はー、これは聞いてよかった!なんだかスッキリした。

自分の身体に、今までと違った気持ちで向き合える。

若いうちから、こういう身体イメージでいられたら、なんて良いことでしょう。

女性全員、必聴だなあ~!と思いました。(スタッフさとみ)

ーーー参加者のご感想よりーーー

★気にかかることを受け入れやすいお話でした。助産師でありながら自分では受け入れられないのが正直なところ。当たり前の事になるようセルフケアをしていきつつ、広めたいと思いました。

★気になっていたデリケートゾーンの話を聞けてとても良かったです。女性にとって大切な話をたくさん聞けてこういう話が普通にできる社会になると良いなぁと思いました。良い形で女性に伝えていけると良いかなと思います。

★デリケートゾーンだけでなく、うんち、おしっこ、スマホの影響etc…ふだん気になっていることを全て交えてくださっていました。子どもに話すのにも、自分のこれからの対策にも本当に良かったです。

★女性としての自分の体をもっと大切にしていきたいと思いました。

★デリケートゾーンソープをいろいろ試すのが好きで、その良さを伝えたいと思っていてその中でシェアできるような正しい情報が聞けてよかったです。

★女性の割礼の話は前に聞いたことがありましたが何回聞いても悲しくなる。

★デリケートゾーン以外の話も聞く事ができてよかった。 デリケートゾーン用のソープを妊娠中に使ってよかったです。ドラッグストアのだと余計なものが入っていて買えない。

★明るく話してくださる内容に聞き入ってしまいました。早速ケアしたいと思います。

★知らないことがたくさんあってとても面白かったです、デリケートゾーンに意識を集中させたことがなかったのでこれからもう少し自分のデリケートゾーンを大切にしていきたいと思いました。

 

今年もやります!  Umiのいえ年に一度のファミリーライブイベント


8/25(日)第9回「しあわせのはじまり」
豪華アーティストをお迎えしてのステージ。
大人もこともも楽しめるイベントです。
——————————————
今年のテーマは[This is Me] 
私が私らしく生きられること。
みんながそれぞれの感覚で生きることに
OKを伝えたい!
———————————
このイベントを成功させるために
クラウドファンディングを立ち上げました。
ぜひご支援ご協力をお願いします。
・プロのアーティストさんのステージを味わってもらいたい!
・子どもの参加費を無料でイベント開催を維持したい!
・小児がん闘病中の子のきょうだいとご両親を招待したい!
みんなでつくるみんなで楽しむイベントです。
ぜひ運営にご協力ください。
クラウドファンディングサイト
GoodMorning by CAMPFIRE
Umiのいえ→ https://camp-fire.jp/projects/view/75238
イベント詳細 
http://uminoie.org/20190825-shiawasenohajimari/

チケット予約はこちらから https://coubic.com/uminoie/282396

 

6/27 色とりどりのハンドメイド「麦わらの星」開催しました。

ハンドメイド好きな「いつもの顔」が集まり、子供に目を配りながらも集中して仕上げる、心地よい時間。
リビングから聞こえてくる他の講座の笑い声とは対照的に、集中して静まり返る空間も心地よい。
梅雨時、たっぷりと湿気を含んだ蒸し暑い空気は少ししんどいけど、一緒に手を動かす仲間がいて、子育ての悩みや手仕事の楽しさを語り合える空間があるって、なんかいい。
次回、色とりどりのハンドメイド、籐かご作りは7月7日(日)
https://coubic.com/uminoie/154240
トランスパレントスターは7月9日(火) この日はお抹茶の会もあるよ!
https://coubic.com/uminoie/396390
糸掛け紙刺繍は7月25日(木)
https://coubic.com/uminoie/217246
手仕事、はじめてみませんか?
スタッフまりこ

6/16 安産祈願の針仕事 「手縫いの産着&スタイづくり」開催

スタッフ亜実です。

今回は4人の妊婦さんが参加。
つまりそこに8人のいのちがあって、
とても柔らかい空気に包まれてました。


手縫いは、肌触りがとっても柔らかく仕上がります。

一針一針、ちくちく縫いながら、
妊娠中の悩みやお産への想いも、
語らいあいました。


スタイを作る人
肌着を作る人

形になってくると、
可愛くて可愛くて、
あぁ、こんなに小さな肌着を着る赤ちゃんがやってくるんだなぁって、わくわくしてきます。

きっと、昔の昔の昔から、こうやって、
赤ちゃんのものを手作りして、祈りながら、
産み月を迎えたんですね。



次回は
第3回8月18日(日)13:30〜15:30


夏の終わりから秋予定日の妊婦の皆さん、
やってみませんか?
材料不要。すべてこちらで用意してます。
ご指導ありますので、手縫い苦手なかたも、安心してご参加くださいね。


お申込み🔽
https://coubic.com/uminoie/366631

6/20(木)の午後は お互いを優しく触れあい労わる とんとん・ぽこぽこ・ふんわり タッピングタッチでした

スタッフ菜美です
私がUmiのいえで初めて受けた講座はこのタッピングタッチでした🌱
優しくて柔らかい空気が流れるこの会
指先でトントンとかる〜くタッチをするだけなのに
なぜかとても心地よく癒されるのです
ほぐすようなマッサージではないのに
身体の力が程よく抜けてふわっと軽くなる
相手を、自分を
大切にする気持ちで触れる
触れてもらうことで生まれる安心感
こころがふっと軽くなる
タッピングタッチってそんな会
肩肘張ってるなと思ったら
一度来てみてくださいね

6/16 秦さんの「ご飯の仕度が楽になる・冷凍庫貯金」 講座その① を開催しました。

今回は「アレンジしやすい冷凍」
・カレーピラフ(炒めた具材を冷凍しておく)
・かぼちゃ(冷凍していたもの)のそぼろ煮
・きのこ(冷凍)を茹で鶏炒め
そして、出来上がったものを
みんなが自分のお弁当箱につめるところまで実習。
よそり方も個性的です。
冷凍庫に下ごしらえしたものがあると、調理がささっとできて便利ですね。
次回のテーマは「そのまま食べられる冷凍のお料理」です。
日曜開催なので、働くママさん、
久しぶりにぜひUmiのいえへ。
ご参加お待ちしてます。
【日時】
1.アレンジしやすい冷凍 
10月20日
2.そのまま食べられる冷凍 
8月18日・12月15日
お申し込みはこちら⬇️
http://coubic.com/uminoie/416630

ふるさと納税《よこはま夢ファンド》にご協力お願いします


◎ふるさと納税《よこはま夢ファンド》にご協力お願いします
ふるさと納税は、あなたが応援したいと思う自治体に寄付ができる仕組みです。寄付をすることで、地域貢献につながるだけではなく、寄付をした金額は税金から控除・還付されるため、自己負担が軽減されます。
Umiのいえは、2017年、2018年に引き続き、横浜市のふるさと納税「よこはま夢ファンド」の支援先団体として登録されています。
2018年度も、多くの方が《よこはま夢ファンド》を通じてご支援をしてくださり、「発達凸凹の子の親の集い」「ダウン症その他障がいのある子と親の集い」「里親と養子に関する勉強会」など、いのちにまつわる様々な活動を広げてまいりました。
これらのプロジェクトは、Umiのいえのご利用者様の声から生まれた活動です。
《よこはま夢ファンド》は、「地域や社会を良くしていく市民活動への支援に」という目的で、そのような活動を支援したい、もっと活発に市民活動ができるような環境をつくりたいという納税者の皆様の気持ちを生かせる基金です。
Umiのいえは、日本において深刻化している社会問題、主にお産や子育てにまつわる問題の解決に取り組んできました。
Umiのいえをご利用・ご支援くださるお客様とともに、納税を通じて社会を動かすだけでなく、連動して社会課題の解決にも支援がまわる仕組みを作りたい、と思っています。
<プロジェクト概要>
実施期間:今年度下半期活用のために、7/10までの手続きをお願いします。
(それ以降でも随時受け付けています)
・発達凸凹の子の親の集い
・ダウン症の子と親の集い
・里親と養子に関する勉強会
・マタニティクラス
・子ども向けの体験イベント
・産後母の休み場
・ハンドメイドの講座
・児童養護施設からの社会体験の実習受け入れ
他、学び場、語り場作りの日々の運営に活用いたします。
▼詳細は下記特設サイトをご覧ください。
http://uminoie.org/yume-f/
▼よこはま夢ファンド(横浜市)
https://www.city.yokohama.lg.jp/…/ki…/kihumoushikomisyo.html
■ 法人・CSRご担当者の方へ
ご寄付により全額損金算入可能です。寄付をすることで、節税につながります。
企業様との協働により、このような新しい社会貢献の取り組みを広げ、企業のみなさんと共に起こしていけたら嬉しいです。

8/25 UmiのいえBigイベント「しあわせのはじまり」2019

毎年恒例、Umiのいえビッグイベント。
子連れで楽しめるライブ&ショップ
『しあわせのはじまり』は今年で9回目を迎えます!

今年ももりもり、たくさんの感動・出会いに溢れる場をご用意しています。
大人も子どもも赤ちゃんも、障がいがあってもなくても。
みんな一緒に生の音楽を楽しむ。ダンスを観る、一緒に踊る。
ゆれる、はねる、笑う、歌う♪♪

◎ココロとココロの触れ合いはLIVEでこそ!  
 生身のカラダから生まれる歌声やバイブレーションをぜひ感じてください。
◎子どもたちは自由に!行儀よく座らなくて大丈夫。
 ステージにかじりついてもいい。赤ちゃんは泣いていても気にしないっ♪
◎聴くだけ、観るだけではない、一緒にうたう、鳴らす、踊る、参加型プログラムも! 
◎いろいろな世代で交流できる。自由気ままに楽しもう。

【日時】2019年8月25日(日) 
 11:00~16:00 ホワイエマーケット
 13:00~15:20 ステージ(12:30開場)

【会場】西公会堂(横浜市西区岡野1-6-41)
    横浜駅より徒歩9分Umiのいえより徒歩3分

ホールステージプログラム
ホワイエ ブース ショップ&KIDS工作 

チケット・参加申し込み  

今年のテーマは 「This is me」

私が私らしく生きられること。
みんながそれぞれの感覚で生きることに
OKを伝えたい!

クラウドファンディングを立ち上げました!

このイベントを成功するために
クラウドファンディングを立ち上げました。
ご支援をお願いします。

・プロのアーティストさんのステージを味わってもらいたい!
・子どもの参加費を無料でイベント開催を維持したい!
・小児がん闘病中の子のきょうだいとご両親を招待したい!

みんなでつくるみんなで楽しむイベントです。
ぜひ運営にご協力ください。

クラウドファンディングサイト
GoodMorning by CAMPFIRE
https://camp-fire.jp/projects/view/75238

live

 

【13:00-15:15 ホールにて】

・フレームドラムなどの生演奏による ダンス・KIDSダンス
・カラダオーケストラのリズムパフォーマンス
・Umiのいえ合唱部ハレノヒハレルヤによる合唱&ソプラノ歌手松木貴子マリア/歌
・サファリパークDuoのジャズセッション
・おおたか静流&バックバンドAberrations LIVE 


◎Flow Naturally 
KIDSダンス、ベリーダンス、フレームドラム演奏など

 

おおたか静流(おおたか しずる)Live

七色の声を自由に操る、無国籍、ノン・ジャンルのシンガー&ボイス・アーティスト。NHKEテレ「にほんごであそぼ」でおなじみの歌手おおたか静流さんの声に、大人にも子供もひきこまれます。子どもたちがおおたか静流さんと一体になってみせてくれる愛にあふれたステージに、私達大人は心に自由を取りもどすことでしょう。http://sizzle-ohtaka.com/

バックバンドAberrations [アベレーションズ] 

毎年この日のために編成される特別バンドスペシャルバンドです。


石田紫織(Tabla)

Pt.シュバンカル・ベナルジー、U-zhaanに師事。’02年より日本とコルカタを行き来しながら師のもとで修練を重ね、’15年インド政府奨学生としてラビンドラ・バラティ大学に留学、インド音楽理論や他の打楽器奏法も学ぶ。器楽科パーカッション専攻で修士課程を終了。インド古典音楽の演奏活動を中心としつつ、ダンスや他ジャンルとの共演にも力を入れている。参加グループ「ヌーベルミューズ」ではパリ国際大学都市日本館で公演、「むゆうじゅ」ではアメリカや台湾で公演など、国内外で活動中。


阿部樹一(p.)

1982年 仙台市出身。4歳からクラシックピアノ、ソルフェージュを学ぶ。18歳まで石戸谷香子氏に師事。東洋大学入学後、加藤泉 南博 両氏にジャズ理論の基礎を学ぶ。現在は首都圏のレストラン等のライブイベントのコーディネートや、ジャズクラブ、ホテルでの演奏、レコーディングサポートなどで活動。


服部将典(b.)

1979年生まれ、愛知県出身。コントラバス・エレキベースを演奏。
NRQ、Bloodest Saxophone、yojikとwanda、Hotspice、伴瀬朝彦、大場ともよ、などで活動中。


黒澤邦彦(fl., Saz, etc.)

30年以上にわたる中世ヨーロッパ音楽家としてのキャリアに裏打ちされたマルチ・インストゥルメンタリスト。管弦打楽器をさまざまに操り、ブラジル音楽、ケルト音楽、アラブ音楽、アフリカンポップス、ジャズなど多岐にわたる分野で活動中。中世ヨーロッパの料理と音楽の宴を全国9カ所で開催したり、グレゴリオ聖歌合唱団主宰、同講座講師、 FF9の音楽制作、イギリスの教会合唱団のために古聖歌アレンジおよびラテン語詞制作など多彩な経歴を誇る音楽プロデューサーでもある。これまでにAEORUS、NRP Records両レーベルから計7枚のリーダーアルバムを発表。2009年、満を持して自身のレーベル “tacto rustico” を立ち上げた。


なかもとまさお(g., per.,etc.)

大学在学時にカリンバと出逢ったことをきっかけにワールドミュージックに傾倒。2010年よりマルチインストゥルメンタリストとしてケルト、アラブ、アフリカ、ブラジル、中世などのユニットに参加しプライベートレーベルtacto rusticoよりCDを20枚以上リリース。演奏だけでなくレコーディングやデザインワークなどを担当。20代に体調を崩し音楽で救われた経験から、演奏活動と平行して心地よい音とリズムの体験の場作りやワークショップに力を入れている。

ー・ー・ー・ー・ー 

「サファリパークDuo」 姉弟 ジャズユニット

知的障害がある20歳の姉(フリューゲルホルン&トランペット)と15歳の弟(ピアノ&カズー&ボーカル)による小さなジャズユニット。スウィングから、モダン、ボサノバ、サルサ、コルトレーンナンバーまで様々なレパートリーを持ち、幼いルックスに似合わぬ本格的な演奏は第一線のプロからも一目置かれている。

活動を始めて8年の間に「横浜ジャズプロムナード」「新宿トラッドジャズ祭」「阿佐ヶ谷ジャズストリート」「すみだストリートジャズフェスティバル」などの著名なジャズ祭を始め、商業施設や福祉施設のイベントなど500回以上のライブに出演。プロやセミプロ中心のステージへの出演も多い。

2012年1月に神奈川新聞社会面のトップ記事で紹介され、2013年12月にはTVK(テレビ神奈川)のニュース番組で特集が組まれた。2014年6月発行のジャズ専門誌「Jazz Japan Vol.47」では見開き2ページの紹介記事を掲載。2015年12月にはNHK教育テレビ(Eテレ)で30分間のドキュメンタリー番組が放送された。

2015年10月の「第4回 全国ファミリー音楽コンクールinよっかいち」ではコンクール初挑戦で「グランプリ・文部科学大臣賞」を受賞し、同年度の「横浜市教育委員会表彰」と、翌年度の「金沢区いきいき区民表彰」を受賞。

2017年に養護学校を卒業した姉が横浜ビールに入社したことが話題を呼び、NHK「ひるまえほっと」「4時も!シブ5時」国際放送の「NHK World News」などで紹介された。2018年5月にはFMヨコハマが1時間のドキュメンタリー特番を放送。


ー・ー・ー・ー・ー

カラダオーケストラ/参加型パフォーマンス


カラダオーケストラは、声と身体を使ってハーモニーを遊ぶ「今この瞬間を楽しんじゃう!」そんなメソッドです。みんなで声を出して遊んでいるうちに気づけば身体が動きだし心と身体が解放されて、笑顔が広がり、たまに大爆笑!まるでオーケストラのような一体感がうまれます。 おとなもこどもも一緒になって楽しめます。今回は大ホールバージョン。客席の皆さん、ご一緒に表現を楽しんでくださいね!

カラダオーケストラ発案者 MAKIE
19歳からステージパフォーマーとして世界約15カ国での公演に参加。ダンサーとしては一番動ける年齢に自身の結婚・出産時期が重なったが自由に表現する大切さを社会貢献の形で世の中に伝えていきたいと日々子育てをしながら模索してきた中でカラダオーケストラメソッドを考案。
全国の保育園 幼稚園 学校 高齢者施設 企業研修などに招致されている。社団法人桜組との共催で関東圏6箇所での地域活性化プログラムを開催。コミュニティ作りにも力を注いでいる。認定インストラクターは現在49名
https://ameblo.jp/karada-orchestra/

ー・ー・ー・ー・ー

Umiのいえ「合唱部ハレノヒハレルヤ」

& ソプラノ歌手 松木貴子マリア/歌

合唱部 この日のために結成する「Umiのいえ合唱部」
学生時代に合唱部だった人、今回初チャレンジな人、
いろいろな背景の皆さんが集まりました。 コンセプトは「this is me」&「調和」
働く日々、子育ての日々、人生いろいろあるけれど、それもすべて味にして、今の自分らしさで声を奏でてみよう、そして、声のハーモニーを作りこむ中で、人と人との調和の喜びを味わってみよう!という試みです。
歌う曲目は『いのちの歌』『ふるさと』『うみ』『さとうきび畑』などを予定しています。

まだまだ参加者募集中です。7月8月クラスにご参加ください。
一緒に舞台で歌いましょう。ご指導くださるのは、松木貴子マリアさんです。
マリアさんの独唱もお楽しみに。

松木貴子マリアプロフィール
言霊を神魂す歌姫 ソプラノ歌手 。昭和音楽大学でピアノを学んだ後、声楽をウィーンやミラノ他の研究機関で研鑽。外務省後援「生命のコンサート」でN.Y.国連本部ホール、カーネギーホール等に出演し高く評価される。コンサート、オペラなど数多く舞台出演。2011年3月の東日本大震災は、声楽家としての転機となり日本のアイデンティティに目覚める。言霊の平和的かつ慈愛に満ちた心の響きで、毎年、西洋音楽とやまと歌を融合したリサイタルを開催。古代出雲國の日本初之宮・須我神社で、神魂(かもす)歌手の名を拝命。能楽師・大倉流大鼓方 大倉正之助師(重要無形文化財総合指定保持者)と鎮魂音霊・言霊奉納奏上。フランス、クロアチア、アフリカ等の海外公演では、西洋音楽とやまと歌の他にお茶道や小舞いで相互的伝統文化で友好を深めている。
Umiのいえにて、歌の講座講師を務める。歌を通じ、思いやりや和(やわ)す心、祈り、発声により心身を調えることを伝えている。本年10月23日「後醍醐天皇」をテーマとするソプラノリサイタルを開催予定。

Market

 

【11:00-16:00ホワイエにてマーケット開催】

●こどもたちの手作り楽器・おめん工作コーナー
●抱っこ・おんぶ体験コーナー
●天然酵母パン「ふらんす」
●小児がん支援のレモネードスタンド
●「がんこ本舗×Umiのいえおそうじ学校&おそうじひとしずく」おそうじグッズ展示販売  地球すくい(ボールすくい)ゲーム ️
●知的障碍者就労施設まちふくのどんぐりクッキーどんぐり茶他
●ハルモニアクッキングの酵素玄米ご飯 他
●授乳服のモーハウス
●楽器カリンバ/オーガニックコットンのお洋服
●シュタイナーこども園による手遊び歌・人形劇・工作など  

他調整中

★オムツ替え/授乳スペースあります飲食スペースあります。
★パン、おむすび、いなりずし、飲み物の販売もあります。

●「パン工房ふらんす」
卵・乳・砂糖の入らない天然酵母パン・雑穀お弁当・心に沁みるコーヒー 

●「カリンバの森」カリンバやフレームドラムなど心地よい楽器にふれて奏でてみよう!

●「ロータスハート」オーガニックコットンとヘンプで作られた癒やされる洋服 http://lotusheart.jp/

●「がんこ本舗×Umiのいえおそうじ学校&おそうじひとしずく」 心地よい掃除と洗濯のご紹介&おそうじグッズ展示販売  地球すくい(ボールすくい)ゲームもあるよ! ️

●「どんぐりでできた美味しいお茶とおやつ」まちふく どんぐりビレッジ http://machifuku.jp/


●「母乳育児を快適に!」授乳服モーハウス 授乳服の展示販売 https://mo-house.net/

●「ここちよい抱っことおんぶ」ベビーウェアリングコンシェルジュによるアドバイス、スリングと兵児帯体験  


●「湘南で育てている有機無農薬野菜の販売」 


●  ハルモニアクッキング


  小児がんの理解と支援のチャリティー「レモネードスタンド」



木工ワークショップ@ハンドメイドの会
〜木のメダルやボタンを作ろう〜

木をピカピカに磨く体験。紐を通してペンダントにもなるよ。
参加費300円

● 子どもたちの工作遊び「かぶりものを作ろう!」つくつく造形教室 11:00~12:30 2F会議室にて 

● 横浜シュタイナーこどもの園 教師による人形劇「おいしいおかゆ」 2階和室 ①10時40分 ②11時15分

シュタイナー幼稚園で行われている、静かで、ゆっくりとした人形劇。
こどもの心の栄養になる、美しいメルヘンの世界をお届けします。
対象:幼児

   

 

 

ticket 

【会場】

横浜市西公会堂 大ホール /横浜市西区岡野1-6-41
JR・相鉄線「横浜駅」みなみ西口 徒歩10分
相鉄線「平沼橋駅」徒歩4分
会場に駐車場はございません。 周辺のコインパーキングをご利用下さい。


【チケット】

●大人お一人 999円
●乳幼児 無料
●*小中高校生500円 ですがクラウドファンディングで達成したら無料にしたい!

チケット予約はこちらから https://coubic.com/uminoie/282396

★クラウドファンディングでは、リターンでチケットがついてくる支援もあります。
クラウドファンディングサイト CAMPFIRE
https://camp-fire.jp/projects/view/75238


【主催・問い合わせ】
NPO法人Umiのいえ 
TEL:045-324-8737 E-mail:umi@umi.lar.jp
〒220-0073神奈川県横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4F 

6/19 松木貴子マリアさんの和のボイスヒーリング(歌のワークショップ)でした。

8/25の「しあわせのはじまり」のステージに向けてパート別のレッスンもはじまりました。
でもマリア先生は歌だけでは始まらないし、終わらない!!
しっかりご挨拶からお稽古でした!!
そうすると、なんだかとても気持ちがいいものですね。
例に始まり礼に終わる。
大事なことだなぁーと身をもって体験させていただきました。
参加者さんからの感想を紹介させていただきます
・みんなの声がきもちよかったです
・すっきりしました
・魂が喜んでいました。
・先生の明るさがとっても素敵です
・心が晴れました。
・大切なことに気づかせて頂きました。
・歌を深めて感じることができました。
・ハレの日になりました。
・今日のこの場所で時間を過ごして自分の周りの世界の受け取り方捉え方がとてもあたたかいものになりました。
・大切なことに気づかせて頂きました。
まだまだ歌のお仲間募集中です!!
8/25 Umiのいえイベント(西区公会堂)にて、合唱部として出演します。
歌が好きな人、若き頃合唱部だった人、人前でみんなで歌うことにチャレンジしてみたい人、大募集!
下記の期間は、いつものレッスンの中で、ステージでい歌う曲を中心にレッスンします。
ステージにご一緒に出る出ないはさておき、この夏に、歌いはじめてみませんか? 
【日時】 
7月19日(金)10:30~12:30 /14:00~16:00
7月27日(土)10:30~12:30
8月3日(土)10:30~12:30
8月10日 (土)10:30~12:30
8月21日(水)10:30~12:30 /14:00~16:00 (イベント前につき、リハーサルとなります)
【曲目】上記の期間限定の予定曲(ステージ用)
・『ふるさと』『いのちの歌』『海』『さとうきび畑』他 
【参加費】 2160円(税込み)
【対象】 どなたでも
https://coubic.com/uminoie/286632
みなさまと一緒に歌えるのを楽しみにしております。

6/19陰陽調和料理法による「離乳食講座」を開催致しました。

4か月、5か月の初めての赤ちゃんのママが多く、初めての子育て、初めての離乳食に、いつから何を食べさせたらいいのか不安や悩みは当然です。いつから始めるかも、何がいいのかも赤ちゃんに決めてもらえばいいのです。必要なら食べてくれるし、まだ必要がないなら、口を開けてくれません。ガイダンスは目安として、個人差があるということ、なかなか離乳食が進まなくても、おっぱい飲んでご機嫌なら、まだおっぱいだけでいいのです。昨日は食べたのに今日は食べないっていう時でも、機嫌がいいなら問題ないのです。焦らずに向き合ってくださいね。
重湯や重ね煮おじや、重ね煮ポタージュ、重ね煮お味噌汁、炒り豆腐も重ね煮で、みなさんの前で作りながら、離乳食のすすめ方や生体リズムに基づく子育て、ヒトの食性、食物アレルギーのことなどもお伝えしました。
5か月の赤ちゃんが初めてポタージュ(味付けなし)を美味しそうに食べていてママはビックリ。白粥を他の講座に来ていた赤ちゃんにもおすそ分けしたら、おかわりするほど皆さん食べていたようです。合格もらった感じで嬉しいです。
次回は9月開催を予定しています。
(講師:齋藤美保)