ブログ」カテゴリーアーカイブ

5/16助産師さいこの おっぱい教室を開催しました。

こんにちは。
Umiのいえスタッフで助産師のさいこです。
今回は、1歳4ヶ月の女の子とママが参加してくれました。
私とママさんで共感し合えることが多くて驚きました✨
このメンバーの1人が欠けてもこの雰囲気にはならなかっただろう、という奇跡を感じることがよくありますが、
今日も、あぁ2人で話せて良かった…と思いました。
2人共通してたのが
・母親からの重圧を感じていること。
どちらも一人っ子。
それがお母さんの愛なんだよね、分かってる。分かってるんだけど…お母さんの視線が…うぅ。親からされて嫌だったことを子どもにしたくないという思いが強い。
・母親との関係に悩むことがあるからこそ
夫・姑との関係が良好!
・自分が保育士・助産師だからこその葛藤。
母乳についてのお悩みは、いつおっぱいを卒業するかということ。
2人きりになると隙を見つけては「おっぱい」と言って寄って来て、思うように動けない。
子どもにとっては母乳を続けた方がいいと思ってる。
けど親や友人にどう思われているのかが気になる。「まだ飲んでるの」という一言は「もうやめたら?」と言われているわけではないことも分かっている。
OHカードを引いてみた。
「ハサミで裁ち切る」「待つ」のカード。
保育士時代から待つことを大切にしていたし、それが苦痛なくできていた自分を思い出されたママさん。
お子さんは人の気持ちに気付ける子。全部感じとる。拠り所がおっぱい。
それならおっぱいをたくさん飲ませてあげたいなぁ。いいところを伸ばしてくれるのがおっぱい。
うちの娘もそうだったんです。
人が大好きでにこにこ寄って行って友だちたくさん作って、家に帰るとおっぱいおっぱい。
ぼーーーっとしてていいから要求も少なめにしてくれないかな😅母の望みは通じることはなく、要求が多いまま育ちました!
6年生になり、地域の低学年の子やお母さんから慕ってもらえるようになりました😭娘のいいところがそのまますくすくと育っていると、これで良かったんだ、と思います。(うまくいかないこともたくさんあります〜)
おっぱいをいつでも飲める安心感。
それを見てホッと一息つく。
それは絶対、親子の絆となって一生を支えてくれます。
OHカードの「ハサミで裁ち切る」が気になっていた私。
断乳の時が来れば
スパッと終わりにできるから
その日まで
今の2人のままでいいんだよ。
そんなメッセージに感じました。
写真はスタッフのえいこちゃん🌼
母が止まればどんな体勢でも飲める!
そんな生きてく強さが
表れていて
大好きな写真です。
母乳育児について
聞きたいことはありませんか?
↓↓コメントに質問を入れてもらえたら
返信しますので
お気軽にどうぞ♪
次回のおっぱい教室は
6/16(木)です↓
https://coubic.com/uminoie/122590

《ダウン症のある子と家族のじかん。 「最近どうしてる?」リレーエッセイ》 その4

古野 亜紀さんより
*************
「検査の結果、ダウン症でした」と言われたあの日、娘の出産予定日でした。
出産してから半月とちょっと。
私は「きっとダウン症なんだろうな」とわかっていました。
それでも、そんなはずはない! と否定したい気持ちでいっぱいでした。
なんで私が? 何か悪いことした? 何の罰?
頭が割れるかと思うほど泣いてばかりの毎日。
何なら割れて無くなってしまえばいいのに… と心底思っていました。
洗濯物を干しながらここから落ちれば… なんて考えてしまったり。
楽しかった赤ちゃんのため買い物も苦痛でしかない、
街中の見知らぬ家族の楽しそうな姿も笑い声も何もかも、
みているだけで心が痛い。
溢れてくる涙が何をしても止められませんでした。
そんな私と娘の親子の始まり。
あれよあれよというままに、娘は今春小学4年生。
パパには甘え、ママの問いかけは割と無視、
弟には厳しい姉に育ちました笑。
アナ雪が大好きで映画のキャラクターのセリフや表情、
タイミングまでもしっかりコピーして、
突然「ねぇね劇場」が繰り広げられます。
歌うことが大好き。
その時の気分や出来事を即興で歌うこともあります。
ダンスも何とも独特ですが大好きです。
コロナ禍で自主休校を選択することも多かった我が家。
感染症で重症化した事があるので、
この数年の状況が私にとって本当に怖いです。
学校では、支援級のゆったりさんクラスで1・2年生と一緒にリーダーとして張り切って楽しく過ごせています。
将来の夢はおもちゃとぬいぐるみのお医者さんのドックのようになること!と、モデルさん♡
お気に入りの千羽鶴スカートを履くとついくるくると回ってみんなに見せています。
私は視野が狭く、自分が見たこと、感じてきたこと以外の事が怖くて。
そんな私の元に産まれてきた娘は、
どれもこれも私の知らないことだらけでどうしたらいいの!!
と泣き崩れることも良くあるこの子育て時間。
娘は、そんな私の「何か」をぶち壊す使命でもあるのでしょうか??
私もなかなか手強いので、娘とのぶち壊し共同作業は、
この先まだまだ続きそうな予感がしています。
(1枚目写真 撮影/江連麻紀)
***********
 
 
 

「大切な人の死と私」~Umiのいえ いのちのカタリバ・オンライン~ 5月 21日 (土)夜9:00~

詳細  http://ptix.at/2sHvZa
★リアルでの会は6月5日10:30~横浜鶴ヶ峰にて
 https://coubic.com/uminoie/919579
人生の中で必ず起こることのひとつに
身近な人の死があります。
祖父母、父、母、きょうだい、パートナー、友達、恋人、子ども、赤ちゃん・・・ 
死とひとことで言っても
体験はひとそれぞれ。
そこにある思いもそれぞれで 
同じものはひとつもありません。
あなたはどんな体験をしましたか?
普段の生活の中ではなかなか語られない
思いに深く耳を傾けあなた自身も語ってみませんか。
淋しさ 怒り 後悔も
愛しさ 感謝 繋がりも
全て 今のあるがままに。
最近のことでも、数年前のことでも、
年月問わず、ぜひ安心していらしてください。
身近な人の死が
どんな体験だったのか
聞かせてほしいです。
もし その人に伝えたい思いがあるなら
抱えたままでいる何かがあるなら
聞きたいです。
あなた自身のこと
その人のこと
周りのこと
感じてること
懐かしいこと 
大変なこと
これからのこと
思うことのあれこれ。
語ることが
深く息を吐くことになり
聴くことが深く
息を吸うことになります。
大きく、深呼吸しに来て下さいね。


小針恭子

Umiのいえから~毎日がんばるみなさんへ~ランチデーのお知らせです!!

https://coubic.com/uminoie/659049

💠5/31(火)@つるのいえ
美味しいランチとデザートをご用意して
お待ちしています😊

重ね煮の講座の講師、
ハルモニアクッキング
齋藤美保さんの特製ランチですよー!
お子さんも、授乳中や妊娠中の方も、
安心して食べられます🍚
旬のお野菜たっぷり!
心と体が喜ぶごはん。
しかもデザート付きです💕
今回のメニューはなんだろう。。
お楽しみに!
お子さんと一緒に、安心して
ご飯を楽しんでいってくださいね🍀
お手伝いが必要な時はお声かけください🙋‍♀️
ご飯の後は、お気軽に体験できるセラピーや
子育てよろず相談、だっこやおんぶの相談も
承ります🙌🏻
ゆっくりゆるゆるおすごしくださいね☕️
そして今回はなんと
午前中にUmiのいえ手仕事の会がふたつ!

💠えみ先生の手縫いの会
https://coubic.com/uminoie/438135
💠子どもが遊ぶ小さな編み物の会
https://coubic.com/uminoie/499238
ちくちく、あみあみ手仕事していると
美味しい香りがしてきそうですね😋
この機会にぜひ合わせてお楽しみください

💠5/31(火)11:00〜
つるのいえランチデー@陰陽調和の重ね煮料理
https://coubic.com/uminoie/659049
【陰陽調和の重ね煮ランチ】要予約
乳・卵不使用 & アレルギー対応可
▫️デザート付き1,100円
(こどもランチは400円でご用意いたします。
お申し込みの際にお書き添えください。)

 

【会場】
つるのいえ(齋藤整骨院)
相鉄線鶴ヶ峰駅より徒歩10分。
横浜市旭区鶴ヶ峰2丁目35番地6 
045-873-8069
ご質問等ありましたら、いつでも
ご連絡ください。
▶️umi@uminoie.org
お会いできること、楽しみにしております

#umiのいえ #ランチデー #子連れランチ
#子連れランチ鶴ヶ峰 #鶴ヶ峰 #相鉄線
#相鉄線沿線 #相鉄線直通 #電車好き
#陰陽調和料理 #重ね煮 #重ね煮ランチ
#アレルギー #アレルギー対応可
#白砂糖不使用 #乳卵不使用 #油脂不使用
#手仕事 #手縫い #手編み

「帝王切開のお産の振り返り」@zoom //5/25(水)10:30〜

なかなか話す場のないお産のこと
ゆっくりじっくりとお話しませんか。
産後すぐの方も、何年経っていても
大丈夫です。
コロナ禍のお産となった方も
寂しかった気持ち、
こんなはずじゃなかったという悔しさも、
どうぞ吐き出してください。
子どものことや家族のことで駆け抜けてきた方も
一度立ち止まって、自分の心のこと、体のこと
大切にする時間をとってみませんか。
 
 
▫️日時
5月25日(水)10:30〜12:30
 
【参加費】
2,500円(税込)
オンラインZoomにて。
【詳細、お申し込み】
 
【講師】 
 『くもといっしょに』
自身の2度の流産や3回の帝王切開体験を綴った
WEBサイト「くもといっしょに」を2000年に開設。
帝王切開カウンセラーとして
「帝王切開ママの会」を開催。
各地で、女性の心と身体の健康について、
当事者が知ることの大切さを伝えています。
マタニティ雑誌の帝王切開特集にも執筆。
転勤族の父・夫とともに、
北は秋田から南は佐賀まで引っ越し回数13回 
・さいたま市在住 3姉妹の母
共著『ママのための帝王切開の本』(中央法規)

Umiのいえの大好評企画 「ことだま講座」の受講者さん向けの「ことだま講座part2」が開催されます!!

より深ーく「ことだま」そして自分の「氏名」と「使命」が知れますよー!!
そして全国、いや、世界中どこにいても参加できるzoomでの開催です!!
みなさまのご参加をお待ち申し上げておりまーす^_^

https://peatix.com/event/3217610

【募集】タネから育てる味噌づくり倶楽部

お味噌を作る講座は10年以上開催してきました。が、今回ついに「自分で大豆を育てて味噌を作ろう‼︎」という、とてもオタクな企画をしました😄 
種まきからお味噌を食べられるようになるまでの約1年3ヶ月を共に楽しむ仲間を募集しています。
詳細・お申し込みはこちら↓

《ダウン症のある子と家族のじかん。 「最近どうしてる?」リレーエッセイ》 その3

堀井理恵さんより
***********
2022年春、
三兄弟は中学一年生、地域の小学校の支援級2年生、年長さんに、それぞれが入学・進級をしました。
次男坊ハヤちゃんが「ダウン症」っていうお土産を持って産まれてきてくれたおかげで、以前のダウン症のある人の関わりがほぼ無かった私からすると、ダウン症のある人たちへの印象は彼のおかげでぐーんと変わりました。
こんなにも茶目っ氣があって、まわりの人の笑顔と優しさを引き出せる魔法つかいだったとは!!
そして、私たち家族やその周りで関わってくれる皆さんそれぞれに、いろんな形で課題・宿題を出してもくれます。
彼らが彼ららしくいられる世界は、きっととっても穏やかで平和で笑顔にあふれて、調和のある”まんまる”な世界。
そんな世界は多分、彼ら以外の私たちにとっても本来あるべき姿を思い出させてくれるのではないのかな?と思っています。
そう、言ってみればリトマス試験紙みたいな存在なのかな。
彼らが彼ららしく、ありのままを受け入れられて心から穏やかに笑っているのが本来あるべき世界。
…だとしたら、今の世界を試験紙は、どんな色で表すのだろう?って考えたりもします。
 
さあそんなハヤちゃん、産まれてから早いもので8年目(驚!)
0歳で入園した長男も通った保育園も、いま通っている地域の小学校も”ダウン症”のある子が通うのが初めての場所でした。
なので、細かいとこは忘れつつあるけどスムーズに…とはいかないことも多かったかな。
私たちもダウン症のある子を育てるのは初めてなので、受け入れ側のお氣もちもわからなくはない。
…どんな不安がある?
…どんな心配がある?
ってね。
 
それでも知らない方、わからない方に細かな対話を重ね、そして積極的に園や学校や地域の皆さんと関わりを深めていく事で、
知らないわからなという不安は薄れ、安心を少しずつ重ねていける。
いろんな場所にハヤちゃんが通うことを理解してもらいながら、知らなかった”彼ら”の存在を意識してもらったり、
また”彼ら”のステキなところを知ってもらえる機会をたくさん頂いてきました。
初めて通った小学校1年生の一年間は、病欠なしのほぼほぼ皆勤賞◎
ダウン症のあるみなさんがもつ特徴の”ゆっくり育つ”を大切にしているので、
周りにおいつけ!
普通に近づけ!
…という追い風はもちろん吹かすことなくマイペ〜スな我が家。
小学校に入ったってまだまだゆっくりのんびりで◎大丈夫。
 
ハヤちゃんのペースを大切に子育てしつつ、学校でもそれを活かす。週1〜2日は、学校の代わりに自然いっぱいの畑やハーブガーデン・地域の皆さんと関われる山や海などの場所で過ごす時間を、彼の”学び”の時間と捉えて、そんな日も学校で登校扱いにしてもらっています。
こんなことが叶ったのも、地域教育委員会の先生方の理解のおかげ…改めて感謝しております!
そんなさまざまな場面での選択は、ダウン症児を育てる全ての親御さんへの正解でも、何が正しいのか?でもなく、彼を見て来てこれがきっとベスト!と言える我が家のハヤちゃんだからこそ当てはまって出してきた答え。
 
何にしてもハヤちゃんが彼らしく豊かで楽しくてご機嫌でいられる環境をつくっていく。それを私も楽しむ!これに尽きるのかな。
子育てはこれから先もまだまだ長いけど、常識や固定概念に振り回されず、これからも自由にのびのび一緒に過ごせたら嬉しいな!と思う、この春の堀井家でございます。
 
photo: Shingo Miyaji
photo:Maki Edure

5/19 (木)PM 頑張り屋さんのあなたのためのお願い上手になるコツ講座 開催です

「お願い」を自分も気持ちよく、
相手にとってもギフトにする方法が、あるんです♪
◆5/19 (木)PM 頑張り屋さんのあなたのためのお願い上手になるコツ講座
***************
★復職を控えている、忙しくなる、赤ちゃんが生まれる、、、 何か変化を迎える準備として。
★そろそろ限界! なんで私ばっかり!? と黄色信号に差し掛かってる方に。
★自分も抱え込む性質だけど、子どもがおんなじタイプで心配・・・
などなど、 いつもすでに頑張っているのに 「もっと頑張らなくちゃ」と思ってしまうあなたに ぜひ参加してほしい講座です!
あなたがもっと笑顔になるために「誰に何をどんなふうにお願いするか」を一緒に考えながら進めるワークショップです。
そして、「お願い力」は、子どもたちにも手渡したい、生きる力のひとつです。
**********
会場は鶴ヶ峰です
意地、遠慮、
繰り返す癖を紐解いてみよう。
新緑ゆれる緑道を歩いて、ぜひ鶴ヶ峰のUmiのいえへ。
座ったらきっと、静かに向き合えますよ。
同日午前はこちら
◆5/19 (木)AM 誰も教えてくれなかった怒りのヒミツ講座
詳しくは講師 高橋ライチさんの活動サイトを参考に!
★リスニングママのサイト
★Umiのいえ鶴ヶ峰の紹介書いていただきました