生まれるときも、逝くときも、
あたたかいほうがいい。
いのちを迎える人、送る人にも
寄り添いがあったほうがいい。
助産・介助の「助ける」とは、
どういうことでしょう。

産む/産まない/産めない/育てる/育てられない。
それぞれの人生の選択を尊重し、
女性の一生の健康を支えるには、
再学習が欠かせない。
現場の問題意識をシェアし、
エンパワーメントしよう。
和のお手当て
産婦人科医 善方裕美さん
助産師三宅はつえさん
棒田明子さん
お産道場
産婦人科医 丹家歩さん

やさしく触れることで、
言葉を介さずとも伝わるものがあります。 手は痛みの緩和を助け、
相手を尊重し、寄り添う手段。 介護する人にも、される人にも
負担のない優しい手当て。