食育」タグアーカイブ

6/19陰陽調和料理法による「離乳食講座」を開催致しました。

4か月、5か月の初めての赤ちゃんのママが多く、初めての子育て、初めての離乳食に、いつから何を食べさせたらいいのか不安や悩みは当然です。いつから始めるかも、何がいいのかも赤ちゃんに決めてもらえばいいのです。必要なら食べてくれるし、まだ必要がないなら、口を開けてくれません。ガイダンスは目安として、個人差があるということ、なかなか離乳食が進まなくても、おっぱい飲んでご機嫌なら、まだおっぱいだけでいいのです。昨日は食べたのに今日は食べないっていう時でも、機嫌がいいなら問題ないのです。焦らずに向き合ってくださいね。
重湯や重ね煮おじや、重ね煮ポタージュ、重ね煮お味噌汁、炒り豆腐も重ね煮で、みなさんの前で作りながら、離乳食のすすめ方や生体リズムに基づく子育て、ヒトの食性、食物アレルギーのことなどもお伝えしました。
5か月の赤ちゃんが初めてポタージュ(味付けなし)を美味しそうに食べていてママはビックリ。白粥を他の講座に来ていた赤ちゃんにもおすそ分けしたら、おかわりするほど皆さん食べていたようです。合格もらった感じで嬉しいです。
次回は9月開催を予定しています。
(講師:齋藤美保)

6/14食育特別講座「梅仕事&梅料理の会」開催しました。


梅ジュースを試飲していただきながら、梅シロップ、梅酒、梅干し、梅醤油の作り方を説明した後、梅シロップのゼリー、梅干しを入れて炊いた梅ご飯、イワシと根菜の梅醤油煮、山芋の梅和え、そしてお馴染みの重ね煮お味噌汁を作り、おまけで冷や奴を梅醤油の梅の果肉とシソとミョウガをのせて梅醤油をかけて頂きました。皆さんに一口目から美味しい!と感想をいただきました。
会社を休んで参加してくださった方がお二人いて、皆さん、梅シロップや梅干しに挑戦するとのことでした。
調理中、私の足にまとわりつく男の子の赤ちゃん。私の講座あるあるのひとコマです。(講師:齋藤美保)

5/30陰陽調和料理法による食育連続講座4回目。


昨年の冬に受講された方が振替で参加しました。お子さんは昨年の4月より保育園に入園されていて、1年色々大変だったようで、落ち着いたのでお仕事をお休みされてのご参加。重ね煮のお味噌汁が助かっているとのこと。お子さんはご飯でしっかり育てているので、保育園でパンを出されても食べないそうです。ご飯党に育てているので、身体が丈夫になりますね。忘れずに振替してくれて嬉しかったです。
次回の食育連続講座は6/6から
http://coubic.com/uminoie/112564